うつ病 タイプ

うつ病を発症しやすいタイプ

真面目な人、責任感の強い人、頑張り屋の人などが、うつ病になりやすいと言われています。
原因としては、このようなタイプの人が必ずうつ病になるとは限りません。
しかし、真面目で責任感が強い、などと言った性格の人は。物事の完璧さを求めてしまう事が多くあるので、うつ病を発症しやすいとされています。

また、躁状態と抑うつ状態が繰り返し起こる「双極性うつ病」になりやすいタイプもあります。
躁状態は元気なとき、抑うつ状態は落ち込んでいるときと言ったように、感情の起伏、極端さがうつ病を引き起こす原因になると言われています。

そして他人の目を気にしすぎる人、他人に気を遣いすぎる人、自分の考えを押し殺し他人に従うことが多い人なども、うつ病になりやすいタイプとされています。
何かひとつでも問題が起こったときに、どんなに小さな事でも悲観的になってしまい、「自分に責任がある」というように、抱え込んでしまう事が原因と言われます。

この「うつ病を発症しやすいタイプ」すべてに言える事ですが、このような性格の人たちが必ずうつ病になるとは限りません。
しかし、うつ病になりやすいという事は言えます。
このような性格の人は少しでもうつ病になりにくくするため、自分のこころを解放できるよう、適度に力を抜いて生活してみてはいかがでしょうか。