原因 ストレス

ストレスによる脳内神経伝達物質のバランスの乱れ

うつ病の原因には、ストレスと脳内神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)が深く関係しています。
大きくはストレスが原因と言われていますが、正確にはこころやからだにかかったストレスが、脳内神経伝達物質のバランスを崩している事が原因です。
過度のストレスを受けると、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の働きが悪くなります。
そして、その神経伝達物質のバランスが乱れる事によって、うつ病が引き起こされると言われています。

セロトニンやノルアドレナリンは、人の意欲、気力などを伝達するために欠かせない脳内神経伝達物質です。
脳内神経伝達物質の働きが悪くなりバランスが乱れると、意欲や気力の情報が上手く伝達されなくなってしまいます。
そのため憂うつ感や不安感、無気力感を引き起こし、うつ病の症状が現れるのです。

うつ病はよく「こころの病気」と言われていますが、脳内物質のバランスの乱れが原因なので、決して気の持ちようでどうにかなるという病気ではありません。
症状はいずれ良くなる、とそのままにしておくと、さらに悪化してしまいます。
また、こころとからだのバランスが取れない事によるいら立ちや焦りも、うつ病を悪化させる原因になります。
うつ病は治療をすれば良くなる病気ですので、うつ病と思われる症状が出たら早めにお医者さんに診ていただきましょう。
治療は、脳内神経伝達物質のバランスの乱れを正していく事が重要とされています。
脳内神経伝達物質のバランスを良い状態にしていく事で、うつ病の症状は改善していきます。