老人性うつ病

老人性うつ病

その名のとおり老人がかかるうつ病です。
高齢になると思うようにことが運ばなかったり、思うように体が動かないことで寂しさを感じることがあります。
身体機能ばかりだけでなく、内蔵の機能も低下してきます。
足腰も弱くなるので外出が億劫になってきます。
このようなことが老人性うつ病を引き起こしているのです。
若い頃は簡単に出来ていたことが年をとることで困難になることがあります。
また自分の親しい友人や知人が亡くなることで喪失感が生まれることもあります。
このようなことが重なって活力が低下することで老人性うつ病になるのです。
老人性うつ病の特徴は抑うつ状態になる、イライラする、不眠症、集中力の低下、疲労感、食欲不振、自殺を考える。
物忘れが多くなってくることもあります。
イライラが募り家族や周囲の人に怒鳴り散らしてしまうこともあります。
このような症状は認知症のために行っていると判断されることもあり、老人性うつ病は見逃されやすいのです。