子供のうつ病

子供のうつ病

うつ病は大人だけのものではありません。
子供もうつ病になります。
両親の離婚、両親の不和、親しい人との別れなど大きな喪失感が生まれたときにうつ病になります。
子供のうつ病の場合大人のうつ病と異なり憂鬱な気分で行動できなくなることはありません。
うつ病になることでイライラした気分が増していくのです。
イライラした気分を抑えることが出来ずに非行に走ることもあります。
子供のうつ病の症状は食欲不振、行動力の減少、活動力の低下があります。
今までは豊かだった表情が乏しくなり、友人との遊びや好きなテレビ番組にも関心を示さなくなります。
朝は体調が優れないが夕方になると体調が回復する特徴もあります。
体に不調から学校へ行くことが困難になります。
子供のうつ病は年齢によっても現れる症状が異なります。
幼児期はすぐに泣いてしまいます。
理由もなくなきます。
食欲不振や睡眠不足もあります。
小学生の場合集団での行動が極端に苦手です。
集中力もないので勉強する時間が苦痛に感じられます。
当然成績も悪くなります。
中学生の場合は体の変調を訴えます。
頭痛、腹痛、疲労感、気分の悪さを訴えます。
自分に対してひどい劣等感があるので友人に自殺に対する考えを話すこともあります。